健康情報

健康生活事業協同組合トップページ > 健康情報 > 飲酒のガイドライン

飲酒のガイドライン19.11.05

  1. 節度ある適度な飲酒

厚生労働省は「健康日本21」の中で「節度ある適度な飲酒」を以下のように定義しています。このガイドラインは数値を明確に示した点では画期的といえるものす。
「通常のアルコール代謝能を有する日本人においては、節度ある適度な飲酒として、1日平均純アルコールで20g程度である。」
「飲酒量の単位」の項でも説明していますが、20gとは大体「ビール中ビン1本」「日本酒1合」「チュウハイ(7%)350mL缶1本」「ウィスキーダブル1杯」などに相当します。この数値は日本人や欧米人を対象にした大規模な疫学研究から、アルコール消費量と総死亡率の関係を検討し、それを根拠に割り出されたものです。その具体的な内容については「飲酒とJカーブ」を参照してください。

見出しのテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       

Category